脊梁山地 川辺川水系 樅木本谷 又六谷







day1*
五勇谷橋(11:00)〜樅木林道〜コーナー20ポイントより下降〜樅木本谷入渓〜砂防〜樅木林道〜木橋〜又六谷〜ハミガキの大地ビバーク(16:00)

day2*
 ハミガキの大地(8:30)〜国見岳(10:30)〜下山開始(11:00)〜樅木林道(12:30)〜ゲリラ豪雨〜五勇谷橋(13:00)


林道のコーナー20より30分程かけて標高を100メートル落とし、本流へ入渓
樅木本谷の河幅の広く水量の多いゴルジュをへつったり、時にはドボンと深い釜に落ちたりしながら遡行した
こーたろーさんもかなさんも、重い装備にもかかわらずしっかり進んでいくから頼もしい
砂防に出合い高巻いてからは再び樅木林道へ出て、木橋より再入渓
ヒガエリ谷とちょうど1:1くらいの水量で、又六谷は右に折れる
随分水量の少なくなったゆるやかな支流を、沢歩き






ハミガキの大地にてビバーク
数カ所、露営適切地があったけれども、ちょうど良い空間をコータローさんがチョイス
アブの襲撃に遭いながら、かなさんが持ってきてくださった農ポリタープを張り、ツエルト仕様のテントとツエルトを幕営
今回は出番が無かった登攀用のヒルウォーカーロープを木々のあいだに張り巡らせ、濡れた衣服や、ギアを吊るした
快適な空間の出来上がり
私の大好きな場所、大崩山の金山谷をすこし狭くした感じだった
とても素敵な谷だ




夕ご飯はキムチ鍋 翌朝は残り汁で雑炊にしました


鍋を食べ終わり、すっかり日が暮れてから、焚き火を囲んでマシュマロを焼きました
とろとろふんわりなマシュマロがたまらなく美味しかった
あとは50度の富士山麓ウイスキーをお湯割りして飲んだり、沢で冷やしておいたキウイを食べたり
シュラフに入ってからは朝までこんこんと眠りこけました


二日目の朝 涼しい朝に濡れた衣服を着るときの、心臓が飛び出してしまいそうなひやっとした感覚がつらかった


お世話になった広場をあとにして、沢を詰める
どんどん標高をあげてゆく 汗がしたたり落ちるたびに、わざと沢の水を被ってクールダウン
朝の光りが木々の間から漏れる、きらきらと明るい原生林の深い森
とびきりの美しさに、ため息がとまらない
「脊梁は最高だよ」と諸先輩方が良く口にする文句に心から頷ける
決して派手でない、この渋さが良い










小田川でのツメのミスのこともあるので
源頭のルートファインディングは特に慎重に行いながら、国見岳に向かう尾根を目指した
一本だけ持ってきていたストックを伸ばす
急斜面でも登りやすく、とてもありがたかった



私にとって初の脊梁山地、国見岳山頂 1,739m 熊本県最高峰だという
下山路の登山道も渋くて二重丸
幾度もはっとさせられた
山麓の植林も素敵でした





林道に下山してから豪雨にあう
足元が瞬く間に水浸しになり、林道から見下ろす樅木本流は濁流となった
猛烈な土砂降りのなか30分ほど歩いて車に戻り、崩れかかっていた林道の難所をコータローさんのドライブテクニックで無事通過
ほっと胸をなでおろす
五家荘の郷土館をお借りして、乾いた服に着替え、二本杉の食事処でヤマメの天丼、温泉は左俣の湯、そして入山前にお別れの挨拶をしたアイスクリームに再会の儀式
私はミントチョコ、二人はソフトクリーム
こーたろーさんとは某所で別れ、私はかなさんに某所でおろしていただき、解散
お世話になりました
帰りの電車の車窓からは、水面に落とした赤い絵の具のような均一な夕焼けが田園の景色の上にひろがっていたので私は見とれてしまう
頬杖をつきながら眺めた四角い空は、いずれビル街に覆いつくされ、見えなくなってしまった
その時MiloshのAwful Gameがipodから流れてきて、思い出すことがひとつあった








九重連山小田川と井原山ダルメキ谷の遡行





最近は沢登りに夢中
九重連山 小田川遡行
こーたろーさん、かなさんと

 
鉱泉の流れるオンセン沢
硫黄で染まった赤い川底と温泉たまごを食べたくなるような匂いが鼻をつくのが小田川の特徴
くじゅうのイメージががらり変わった良い沢登りでした



沢を詰めると素晴らしい草原へ出た
天国のツメかとはしゃぐも、ミヤマキリシマの密生ですぐそばの登山道へ戻れない
地獄のような思いをしながらふたたび藪漕ぎの森へ潜った


満身創痍で食べた牧の戸のソフトクリームの味は人生で一番のものになりそうだ





***
それから井原山はダルメキ谷へ
こーたろーさん、しげさん、najaさん、かなさんと一緒
暑かったので下部の方から入渓したら思わぬ冒険の一日となりました
ひみつの尾根は藪漕ぎがとても大変だったけど、もう一度通ってみたいかも!











***
虫たちの鳴き声が耳のそばで聴こえだしたし
手のひらを額にあてて、目を細めることが多くなった
夏はすごく速いスピードで駆けちゃうから、私もちからいっぱい走って、立ち止まらないことにしたんだ
いいでしょ






save the wolrd







Takagi Masakatsu - Yubi Piano - Ohayo (-.-)zzz





Takagi Masakatsu - Yubi Piano #2 (C+G)






小爪谷沢登り






コータローさん、kanaさんと脊振山系小爪谷の沢登りへ
 小爪谷登山口(9:10)〜懸垂下降練習〜入渓(9:45)〜遡行終了(12:20)〜昼食〜登山口(13:15)


とある大先輩からアドバイスをいただき、今年はステルスソール一本で頑張ってみようと先週の金山沢に履いていったものの、岩の選別を丁寧に行いきれずに、よく滑った、滑った
今回、小爪谷をフェルトで歩いてみたところ、ソールが吸盤のように岩に吸い付き、楽々でした
靴はかわりばんこで履いてゆこうかなーと思いました


…と、一年ぶりに訪れた小爪谷
長雨に寄る水量増加が心配だったけど杞憂に終わり、前夜にIさんから教えていただいたロープワークを復習しながら、三人でゆるゆると遡上した
釜を泳ぐには少し寒いので巻くこと数回
滝を登るときにロープを出したのは2回
水量がぐっと少なくなってきたところ、標高500近辺で終了、並走する登山道へ逃げる
下山中、適当な河原でお昼ご飯を食べているときに青空が覗いた
谷を挟んだ両岸に木々が立ち並び、見上げた空は細長かった
低く飛ぶ雲がどんどん流れてゆく
冷えた体に、太陽の暖かみを全身に浴びて気持ちがよい









とても楽しかったです
お疲れさまでした






Bvdub - Palace Of Winds [Unreleased]










山と音楽 深遠なるアンビエント ミニマリズム Bvdub