最近のイロイロ3











11月から12月にかけての8日間、オーストラリア、ケアンズのトリニティビーチに滞在していた
昼食以外はご飯を作り、毎晩ほんとうにしこたま飲んでいた
看板だらけの観光地のことはよく憶えていなくて、 オーストラリアンが休暇で滞在する観光客皆無の某アパートメントで過ごした時間が色濃く記憶に刻まれている
開けっ放しの窓の外から休み無く聴こえるさざ波の音とか、ひとびとの戯れ声なんかが耳に残っていて、目を閉じればそれらを鮮明に思い出すことが出来る
ほかに、夜の海面に映る月光がちりばめたコンペイトウみたいだった光景とか
そして、ホットパンツにキャミソールだけの開放的な服装でトリニティビーチをジョギングしていた時間を思い出す
朝露に濡れたガーデニアの匂いが鼻をかすめ、思わず瞼を閉じる瞬間がいくつもあった
このとき、hope3.0のVAが私の中で流行っていて、走る時は必ずこのアルバムを聴いていた






12月某日、Mちゃんの希望で雲仙普賢岳へ
久しぶりの休日のド快晴
新登山道のルートは荒涼としているにもかかわらずなんだか楽園ぽく感じて、とても良かった
平成新山がかっこ良かった
下山後は島原で海鮮丼と牡蠣焼き、温泉、旧大野木場小学校被災校舎へ








12月某日、こーたろーさん、たかださん、かなさんと忘年登山
歌瀬ロッジ泊からの白岩山、向坂山へ
絶不調&忘れ物女王の私のせいで極寒のリフト下山
深夜のロッジでは高田ヨーコとマツモトレノン(いや、ジョンコータローだったか)のコラボレーションクリスマスライブがあり、うとうとのシュラフ内で思わず抱腹絶倒
御三方には今年は特に本当によく遊んでいただき、お世話になりました
おかげさまで2012年は最高の年になったよ ラブ!




***おまけの備忘録
今年の山行マイベストは2月の大船山朝駆け
5月の単独屋久島湯泊尾之間
7月の樅木本谷遡行
だと思う
山の記憶に優劣はつけたくはないのだけれども(だってどれもこれも素敵だったから)、年の瀬の気持ちとして残しておこうと考えて
山行以外でも室内クライミングで遊んでくださった方々、有り難うございました
また来年もヨロシクお願いします


***おまけの備忘録2
2月の25日にパソコンを新しくしてから今日までの10ヶ月の間にiTunesに取り込まれた曲
3,447曲
すべてをぶっ通しで聴くには11日と12時間27分42秒の時間を必要とする、らしい
雨の週末が多かったので、親の敵を討つかのように朝まで音楽を探して聴いての繰り返しだった ほとんど狂気

以下、マイベストということで



プレイリストの分析によると、アーティスト別ベストは安定の高木正勝やDJ Funnel、はっぴぃえんどに始まり、Mujika Easel(絶大な信用をおいている友人から教えていただいた大阪のアーティスト)や、最近狂ったように新譜を聴き込んでいるMatryoskaが上位にあがっていることが私には新しい
Mujika Easelの危い儚さは衝撃的だった HappyとかFoolish Womanとかすごくいい
Matryoskaの新譜は一枚を通して聴くとそれはもう一本の映画で、暮れの雑踏でボリュームを上げて聴くと世界の終焉感が味わえる危険なイチマイ
年の瀬に素敵なリリースをありがとう



 
朝の目覚まし音楽にしていたのでトラックで第一位だった
高木正勝 – Bloomy Girls(2007)


ツジコノリコ-トロピックペンギン(2011)
あたしのヒーターまんかい


ACO - 空白の種(2003)

トラックだけの分析によると、安室奈美恵のonly you(※この曲かNEW LOOKくらいしか好きな曲がないのだけれども)とか、東京事変の群青日和とか、ACOの空白の種とか、キャッチーなものが多かった
空白の種は寒空のしたで何度も聴いた ぽっかりと空いたこころを随分と埋めてもらった


あとBvdubのNothing Like You(2011)は今聴いても涙腺がゆるむほど、いつだって新鮮でたいせつな曲
Bvdub鬼才


Blu Mar TenのHigh Hopes (feat. INtrepid)(2011)は、感動のあまり友人や弟に送りつけては、彼らの良い反響に「だよねーいいよねー」と内心にやにやしていたもの
ポストIambic9poetry


 Essáy & Stumbleine – Rhiannon(2011) 夏に聴いたエレクトロニカ


Dakota Suite – Because Our Lie Breathes Differently(2007)
 

音のしおりに導かれた記憶は、さざ波のように心に押し寄せて残響を私の耳に置いてゆく
それらは戻らない時間だけれども、私のからだの一部になって残ってゆくもの
herbert - It's only(2006) 




グッバイ、そしてハッピーニューイヤー




















クリスマスの朝は食べ物のにおいがした







この時期になると思い出す小説のシーンがある

もしも大切な女の子とひっちゃかめっちゃかなクリスマスを過ごすことがあれば、
膝小僧を合わせながらバスタブに浸かって、やっとの眠りの前にはメリークリスマスと言おう






Matryoshka-Noctambulist














Matryoshkaがくれたダーククリスマスプレゼント

イヤホンで耳を閉ざし、現実は夢となる





Matryoshka - Gentle Afternoon






for you






VAUDE - Timelapse: Innsbruck by Night