what i talk about when i talk about depths #2






一月某日
毎年恒例、こーたろーさんの誕生日会@雪上キャンプ
快晴の二日間を7人と1犬で過ごす
よく考えてみたところ坊がつる泊は一年ぶりだった
帰りの車内ではkanaさんと登山についての深い話を語り合う
私は、この一年は特に山を登ることについて対峙していた気がする
その答えはたぶんもう出ている
山は私にとって、音楽であり、映画であり、小説であり、旅だということ
そこに吹く風のゆくえや、光の注がれ方、風の匂い、揺れる音を知りたい
だから私は何者にもなれないんだ



一月某日
sigur ros来福チケットを購入
ゼップが満員御礼で、海外の有名なアーティストが福岡まで南下するムーブメントができればいいな
五月が待ち遠しい



一月某日


感謝をこめてご報告します。
私は、これまでの十五年間、自分の身体(無酸素単独)と、自分の資金で登山するとの考えを貫いてきましたが、今回初めて、山の仲間、そして親父の友人、知人からのカンパを受けました。このため、これまでと同様にスポンサーをつけない登山を守ることが出来ました。
みなさんのカンパは激励であり、私たちに大きな力を与えてくれました。皆さんのカンパとともに寄せられた手紙には「無理をしないで無事に帰国を」と書かれていました。スポンサーの「ぜひ、頂上に立って素晴らしい写真を」とは大きな違いです。
同封の頂上での写真には、日の丸もスポンサーの旗もありません。コンパクトカメラなので写りはいまひとつですが、感謝をこめて送らせていただきます。ありがとうございます。
これからも自分の登山に挑戦したいと思います。(山野井泰史)

  いのち五分五分 山野井孝有著





一月某日
Mちゃんと宝満山へ
トレーニングのため往復共に正面コースで
強風低温降雪の荒天だったからか、登山者は少ない
下山後、人と木のアップルパイを買ってから薬院のガラムへ直行するも、「さきほどのお客様でカレーが終わりまして…」のズコーッなオチ
二人とも、たぶん、本気で泣いちゃいそうな気分だったと思う



一月某日
山野井さんのお父さんが書かれた、妙子さんの布団の綿の打ち直しの下りで涙がぽろぽろ…
誰かが、妙子さんは現代のナウシカって表現していたけれども、言い得て妙
私は彼女をひとりの女性としてとても尊敬している



一月某日
日曜日の午後にはBvdubのアンビエントに包まれる
あなたに初めて触れた音楽、waiting for the world to go by
いつまで経っても特別な58分
Will You Know Where To Find Me
2 hours and 20 years
bvは絶望の中でmixingしたのかも知れないけれども、私は海の底に静かに落ちる
マスタリングされた丁寧な一曲一曲よりも、livemixの方がより好きな理由が、私にはある




































音に枝折










---I don't think success makes it difficult to be personal, but I think being personal makes it difficult to be successful.
And letting the world hear your own music, and every facet of your heart and soul, 
is much more personal and potentially fraught with disaster. 
But that's the name of the game.


成功する事で、やりたい事をしづらくなるとは思わないけど
好きな事だけで成功するのは難しいと思う。
自分の心や魂を深いところまで見せるような音楽をリリースするということは、自分のスタイルを貫くということで、
潜在的な破滅を孕んでいる。
でも、それは一番大切な事なんだよ。
  


bvdub aka brock van wey(RA interview,2009)




Bvdub - If I Had Been A Better Man



Rhian Sheehan - Borrowing the Past (Hammock Remix)


Apparat - A Violent Sky


Deepchord Presents Echospace - Orbiting
虜になるには5秒でじゅうぶん
echospaceは宇宙に連れて行ってくれる


Martin Schulte - Spring Aroma


G.R.I.T. - The Furthest Outpost (Octal Industries Reconstruction)



F.l.o. - The Most Beautiful Place



Deepwarmth – Released Air (Statek Unreleased Air Remix)


Subforms - Sensuality (Dub Version)










Holy Other - Held








ドラマティックな6分は
まるで宇宙遊泳










***



hold me
tightly




***





Jose Gonzalez - heartbeats
最近までホセの曲かと思っていたんだ私












what i talk about when i talk about depths













1月某日
九重連山三俣山西峰と立中山へ
一年ぶりに履いたケイランドの冬靴のたいそう重いこと
三俣山西峰では両足を踏ん張りながら強風に耐える
低く飛ぶ雲が早送りにどんどん流れてゆき、その合間に顔を出す青空と太陽には崇高さがあった
立中山からは大船山登山道までのミヤマキリシマトンネルを腰を半分に折りながら抜けた
トレースはひとつ
談話室や避難小屋で食べたものは、前日、パンやさんの映画を観ながら適当に焼いたシュトレンもどきのケーキとホットコーヒーだった


1月某日
ノロウィルスに感染
ラグマットにサーマレストそしてMHWのファントム0にくるまり、ノートPC傍ら怠惰の正月明け
古いSFアニメーションを睡眠導入剤代わりにして一日の大半を寝て過ごす
りんごジュースにハマる


1月某日
パティスリーアオキのことを考えていて、それからオランジュが無性に食べたくなって、ぽんかんとみかんの皮で手作りすることで気持ちを昇華させた
ぽんかんは苦みが少しある、大人のピール
2月はトキオーにbvもyagyaも来日する
聴きたい音楽が山ほどあるのに時間が作れず、FBのプライベートウォールに積み重ねられてゆく日々
この世で一番繊細な琴線を、私が消えてしまうまで手放してはならないと思う
音楽友達がふと送ってくれる一曲の素晴らしさについて言葉が出ない
heliosに愛していると伝えてくれないだろうか


1月某日
冬の星空のような、Hammockのきらめきたちがスピーカーからこぼれ落ちてゆく
冷涼な夜に咲く、ちいさな灯り
プライベートで無理をしない
もちろん我慢とはべつの話


1月某日
Layer Forest2のときは気にとめなかったけれどもyosi horikawaに打ち抜かれている






bubbles free DL



----It spoke to and from your own heart.   bvdub

      (音楽は心を通じた会話なんだよ)