なんとなく悲しくて なんとなく楽しくて なんとなく生きている 自由のせいにして








音楽はカタチがないのに、色があって、匂いがあって、風がある
季節を変えて何度でも繰り返し聴くのは、ほかのなにかでは埋めることのできない、こころの穴に、ちょうどはまるピースになってくれるから
もしかしたら、実は、独りで生きてゆけるのかもしれない
けれども音楽がないときっと息もできない



なんとなく sleepy.ab



what i talk about when i talk about depths #8




7月某日
あの鐘aka黒部のメンツと非常勤の5人で藤河内渓谷沢登り合宿3デイズ
藤河内渓谷キャンプ場のロッジで、酒池肉林
1日目の晩、高田さんの旨ロゼワインでノックアウトした私は、2日目の鋸切谷遡行は完璧なグロッキー状態
藤河内渓谷といえば観音滝の立松谷が有名っぽいけど、鋸切谷のほうは短い間隔でわくわくするような滝が連続するので楽しかった
鋸切谷でははしゃぎすぎて遡行終了間際では電池切れ状態だったけど、とほーっ
バンガローキャンプでは夜も朝もテーブルに並んだこたろさんの手打ちうどんがおいしかった
最終日の帰路では肉の時代屋に寄る
そういえばクフシル一度もフィールドデビューしとらんばい



7月某日
若手クライマーの皆さんとベルギービールウィークエンド!
様々な種類のベルギービールをあれこれシェアしながら沢山飲んだ
あれ、何がいちばんおいしかったっけ…忘れちゃった
一杯飲むだけでデリリウムのコースターとかもらえて嬉しかった
幸せのピンクのゾウさん♡
二次会は呉服町あたりのアイリッシュバーでチャイナブルーとピッツア
翌晩は伊万里牛ですき焼きっ
ガンガンにクーラーをかけながら、非エコロジーな夕べ
その翌朝はうどんを入れて二度おいし
そのあとインカ帝国展に行って、西新あんまーでカレーとビール、大名でフローズンビール
オニューのハーネスもゲットしてまんぷくまんぞくな週末




8月某日
雷雨の中、K川山岳会の御二人と七重の滝へ
狭い渓でもともと暗いだろうに雨雲が助長してるわ、水が雨で濁ってて足元がぜんぜん分からないわ、ドブくさいわでしたが、スパルタ教官ズのお陰で七つの滝を手厚い確保付きで登らさせていただき充実した遡行となりました
幼少の頃家族や学校行事で登っていたハイキングコースを沢登りという形で記憶を辿ることになるとは人生何が起きるかわかりません




8月某日
北海道でのキャンプはニセコ野営場と洞爺湖キャンプ場にて
ニセコ野営場はイワオヌプリの麓に位置していて、高原の避暑地キャンプを楽しめた
テントの外でテントマットを敷いて、サッポロビールを飲んで、気分が良くなったら寝転んで流星を待った
2泊目の洞爺湖は湖の直ぐ側でテントを張ることができる、稀なロケーション
日本で9番目に大きな湖らしく、なるほどまるで海を目の前にしているかのような雰囲気
陽が落ちだしてからは例に習ってビールや日本酒を飲む
道の駅で買ったラズベリーが良く合った
すっかり夜になってしまって、まるで漁り火のように灯る対岸の町の光りを眺めていると、花火が上がりだしたので私は胸がいっぱいになった
今年初めて見た打ち上げ花火は下からでも横からでもなくって広大な湖を挟んだ向こう岸からだった
花火の音はずいぶん遅れて私たちの耳に届いた




8月某日
K川山岳会の御二人と藤河内渓谷立松谷リベンジ
水位がめちゃ低くてびっくりでした
九州はぜんぜんと言っていいほどに雨が降ってないもんね
遡行開始から約3時間後、観音滝の岩壁が目の前に現れた
調べてみたところ落差は73.4mとのこと 圧巻





8月某日
そういえばBiosphereが山行の写真に必ずイイネしてくれるのマジでワールドワイドすぎるわどうしようと思ってたけど、沢登が珍しいのかしらとふと思う
ノルウェーとかシャワークライミングできないでしょうし









イワオヌプリ 1,116m


















イワオヌプリは、ニセコ連峰東山系にある北海道虻田郡倶知安町磯谷郡蘭越町とにまたがり、ニセコ積丹小樽海岸国定公園内にある標高1,116mの活火山である。
山名はアイヌ語で「硫黄の山」を意味し、山肌は硫黄の結晶や火山礫に覆われ、ニセコ連峰で最も若い火山である。(wiki)


***

樹林帯はフィンランドの森で、森林限界になると四国の瓶ヶ森だったり、屋久島の稜線だったり、千畳敷だったり、阿蘇だったりする
歩けば歩くほどにめまぐるしく変わる景色にわくわくしながらハイキングした

稜線に居る私の耳に届く音は至って静かで、辺境独特の孤独があった
足を止めれば風と雲と影が移ろいで時間をゆっくりと刻んでゆくのをしっかり感じることが出来た
ああーちっぽけだ
人間の何もかもが小さくて無力だ、ここでは
うん、
最高な気分♡






モ・エ・レ










ピラミッドと噴水のショーがまるで雲海だった