honeymoon#4

day4

Climbing in Railay

早朝クライミングに出掛けるために4:15に起床
準備中に可愛らしい野良猫がやってきてきくりんが相手にしていた
食べ物といえばマンゴーくらいしかなかったのでそれをあげたけれども、興味がなかったみたいでそれからどこかへ行ってしまった

5:30ダムズキッチンへ向かおうとイーストサイドビーチへ
月明かりの下を歩いてゆくが、軽い山道を越えるには暗すぎたので岩に座って夜明けを待つ
6:00頃にエリアにつくが発狂しちゃいそうな数の蚊がいてとてもじゃないけれども登れない
しばらく蚊と一悶着しているうちに日がすっかり昇り気温も上がってきたところで、急に蚊がいなくなった
きくりんは昨日登りたがっていた人気ルートのライオンキング6c+をMOS
私はヤシの木に合流する6aをRPして、
かぶり気味のライオンキングをTRで下部まで登り、力尽きてブランコしてビーチに降りるトライをした
大きくゆったりと振り子のように振られて、からだがビーチへ放り出され、たくさん笑った
8:00頃にホテルへ戻ってクライミング用品をもったまま朝食をとる
猫のために小さなパンを2,3個くすねた




コテージへ戻って、水着に着替えて、ホテルのビーチチェアを確保して、
目の前に広がる遠浅の美しい海やプールで泳いだり、読書したり、オイルマッサージ(350TBH)を受けてみたりする 
くすぐったがりのきくりんはマッサージのおばちゃんからおけつを何度もたたかれていた …笑われながら
スントコアを日本で電池交換していたが、上手くいってなかったみたいでプールや海で水没して動かなくなってしまった かなりへこむ
昼ごはんは屋台のケバブサンド(100TBH)とホテルのマンゴーシェイク(90TBH)、きくりんはマイタイカクテル(220TBH)
(タイのカクテルは基本的にシロップを入れすぎていてとても甘いように思う)
昼過ぎまできくりんはビーチ遊び、私はひたすら読書



14時ごろにコテージへもどり、時計をドライヤーで乾かして、クライミングへ出かける
123エリアへ
骨粗鬆症と名付けた6台のルートをRPしたかったけれどもワンテン、暑くてぬめる
ヌンチャクを借りてもいいかと聞いてきたフランスのカップルの男性の背筋に圧倒された 私もきくりんも身長は高いし私は痩せ型では決してないが、この人たちの体つきは同じ人間とは思えないくらい、こう、厚みがある



きくりんは7a+のBigshitにトライするも抜けられず断念
私はramazon6aをMOS

観光客目当てにクライミングを教えているキングクライマーのガイドから、きくりんはギアの質問攻めにあっていた
クライミングオタクの熱意があれば、ジェスチャーと少しの英語で通じるものがあるんだな

18時ごろ、ホテルのレストランでちょっと曇ってたサンセットディナー
春巻、Mon(魚)のグリーンカレーソース、チャンビア、ライスで930TBH
給仕の方にフレッシュパクチーをお願いするもなかなか通じず、コリアンダー、シャンツアイと変えてもダメ 結局リーダーっぽい人が下手なパクチー発音を理解してくれて、無事にゲットできた 正しい発音を次回のタイ往訪までに知りたいところ
ビーチサンダルの鼻緒が痛いとうことできくりんは新しいクロックスまがいを購入300TBH
オープンテラスのバーで一杯だけカクテルを飲んで終了

honeymoon#3

day3

Climbing in Railay

たった2時間の時差にも慣れずに今日も早起き
朝食券を持って朝の散歩へ
朝焼けが期待できそうになかったのでイーストサイドに向かい、
夜明け前のしんとした青白いビーチをてくてくと歩いた
朝食のビュッフェ後、8:00にT夫婦と合流


ダムズキッチンで登った後にトンサイでランチ、それからコブラウォールへ
ダムズキッチンはザ・ビーチ・クライミング
時間とともに満潮に向かって波が押し寄せてくるので長居はできなかった





トンサイでランチしてアプローチがかなりの悪路なコブラウォールへ
T旦那さんが英語のトポを読んでくれたおかげでたどり着いた、崖っぷちの岩場
セルフを取ってビレイしないとおっこちちゃう、というかロープダウンの時にロープが海面に落ちてしまいそうになった








ここで初めてリードの許可が下りたので、恐る恐るヌンチャクをかけながら登った
たとえ6a位だとしても終了点についたときの達成感はTRの比じゃない グレイト!
夕方雨が降り始めてきたので撤収
このころには潮が引いていたので往路の悪路は通らずにそのままビーチへ降りて快適にライレイまで帰れた

フラットなタイルのような不思議な砂浜の上を裸足になっててくてく歩く
陽の落ち始めた薄桃色の空、バックパックを担いで写真を取り合う私たち、
丸一日を遊び倒した満足感と、これから北部に移動するT夫婦との別れの寂しさ、
また二人に戻る私たち
この旅行でもっともぎゅんときた時間

T夫婦とお別れし、良い音楽の流れるオープンカフェでチャンビア
着替えて、小雨の中の美しい夕焼けを見て、昨晩と同じ店へ行って同じワタリガニのメニュウ ふたりで590TBH
土砂降りの中、トップチャート系の音楽が大ボリュームでかかるバーでトロピカルカクテル150TBHを飲んでこの日は21時頃に終了