Railay Tonsai 2015-2016 #7

day6 pm







トンサイウォールの後方にある屋台でオレンジ(ってもみかんっぽい果物を絞っていたし味もみかんでした。旨し。)シェイクを買って喉を潤し、ランチをしようとトンサイのストリートへ移動。

昨日のニューイヤーパーティーで遊び疲れたような人々がゾンビのように町をふらふらうろうろしている。
バーの前を通ると、うちはパーティーでテクノとハウスを流すよ、というボードが置かれていたりした。ライレイは変な生音楽がかかっていてうるさかったから、トンサイの年越しのほうが楽しそうだ。

ランチには高床式のカフェに入ったけれども、そこの店員さんがテーブルを消毒液のようなスプレーを使ってきちんと拭いていてびっくりした。トイレも綺麗な方だし。
ツナサンドイッチとフライドライス、レモンシェイクと炭酸水を注文。











13時までそのカフェでゆ〜っくり休憩を取り、fire wall から奥へ少し歩いたところにあるmelting wallへ移動した。
fire wallは相変わらずの人出だったけれどもmelting wallは貸し切り!
登っている間に、中国人とドイツ人の2パーティーと一緒になったが。
それと、旅行前にAさんから聞いていた北九州のパーティーともやっと会えた。お腹を壊していたようで、可哀想に。

メルティングウォール



一本目、climb of the Ancient Mariner 6a FL。
二本目、Right hand of budda 6b + Melting pot6b、合わせ技で35mのルート。夫がMOSしたあと、下のルートは難しいけれども上は簡単だし面白いから行きなよと勧められTR。下部は私にはかなり難しくA0。上部は鍾乳石のつららをあっちこっち渡りながら登る超立体的なルートで面白かった。こんなルートが日本にもあればいいのにな。
三本目、climb of the Ancient Mariner 6a の2ピッチ目(といってもピッチを切らずに登っていた)の7aを夫がトライ。粘っていたけれども難しかったみたい。6aから7aに繋がる鍾乳石ゾーンに終了点があるらしく、お勧めされたのでリードトライ。長い上に高度感にくらくらしながらFL。ここも鍾乳石にステミングしたり上手く移りながら登る面白いルート。





怪獣のような鍾乳石。馬鹿みたいに面白い。


7aのライン。



満足したので帰ろうとしていたら、ドイツ人の女性パーティーがright hand of buddaに苦戦していて、ヌンチャクを回収して欲しいとのことで、夫が男気出してトライ。
他の中国人パーティーのアシューくんは日本語を少し勉強していたとのことで、日本語でも少しおしゃべり。ドイツ人のシャーロットとスーザンから私の名前の由来を聞かれたが、nothingとしか言えなかった…。えいご、むずかしいあるねー。凹



難しい6b。6cはあるんじゃないかな。


アシュー達が登っていた7a+。
ポッケがいっぱい!面白い岩だなあ。


トンサイウォールに戻って、レモンシェイクを注文。屋台のおばさん、最初は愛想がないむすっとした感じだったけれども、美味しそうに飲んでいたら、笑顔でおかわりを注ぎ足してくれた。ツンデレにきゅんとくる。

まだ潮は引いていなかったので山道を通ってライレイへ帰り、イーストまでのストリートに新しいお店がオープンしているようで人だかりがあったので、私達も並び、ケバブサンドを買った。(100THB)夫は味がいまいちと言っていた。歩き食べしながらホテルへ帰り、19時から翌朝まで爆睡。



さよなら、トンサイルーフ。またね。



写真を拡大して笑った、
ヱヴァンゲリオンに出てきそうな猫。








元旦オープンか、テイクアウェイショップ。









Railay Tonsai 2015-2016 #6


day6







早起きして、イーストライレイのストリートからしっとりと初日の出を見た。6:40頃。

部屋に戻り、クライミングの準備をして、ビュッフェへ向かった。私は朝からがっつりと食べるが、未だ体調の悪い夫はヨーグルトとフルーツのみ。



ライレイ←→トンサイはウエストから行く①干潮時の浜を歩くコース②潮が満ちた時に海を巻く山道コースと、イーストライレイから行く③がっつり山道コースがある。イーストライレイに滞在しているので、今日は初のがっつり山道コースでトンサイを目指すことに。
ダイヤモンドケイブの脇の道を歩き、農家の敷地と見間違うようなホテル(railay cabana garden bangalow)を右に折れ、草ボーボーの分かれ道を左に選べばトンサイへの山道に繋がる。トレランをしていた欧米人のおばさまに道を教えていただけなければかなり迷ったと思う。トンサイ側から越える道はシンプルなので分かりやすいかも。
それにしても道は結構な急登で汗だくになるし、蚊もいるし、もう二度とこのアプローチは使いたくない。ちなみに山越えには30分ほどかかりました。



このホテルを右に折れる。
かなり奥まった場所にあるがお客さんは居るのか。
調べたところ300THBから泊まれるらしい。
ライレイ最安値かな。



トンサイのバンガローに出た。



トンサイ名物のサイケなウォールペイント




午前中はトンサイルーフで遊んだ。
cowabungalow 6b
sweating mekong 7a
ナガモノ2本を夫がMOSし、私はTR。7aは難しいよとのことで途中までトライ。後半が被りだし、手も悪いのでフォールとともにブランコ状態になりちょっと酔う。
日本人クライマーの方に教えていただいたんだけれども、6bの左隣の6bが面白いらしい。ただ、ハエの集るゴミ置き場からのスタートということで、苦笑いしてトライせず。



終了点からビレイヤーを見下ろしてみた。


ロープを捌いていたら猫がじゃれてきた。
かわいすぎてにやにや。









夫が目をつけていたTonsai Roof Right SideのBeauty And The Beast 6cをトライ。
このラインはテラスから大きな鍾乳石へダイブするという、旗から見たら度胸試しをしているようなルート。夫は怖いと言いながらもダイブ成功。
私もTRでトライするが、ダイブ失敗。相当なへっぴり腰だったようで、トライ待ちの欧米人男性ズからも笑われる。A0で鍾乳石へ移り、それからは被っているがガバだらけなのでトップアウト。ダイブ出来なかったけれども楽しかった!

次にトライした男性ズのマスタートライをニヤニヤしながら下から応援。彼は相当勇気がいったようで、ダイブまでに時間が掛かる。傍から見ている私たちはその様子を見て大爆笑。(ごめんなさい!)あなたの身長はいくつなんだと私に聞いてきたのち、決心してダイブして、難なく鍾乳石へ乗り移っていた。写真を撮っていた夫にデータを送ってくれと言っていたのに、その後会うことがなかったのでこの写真を見つけてくれたらいいな。

I met him,1 January 2016,at Tonsai Roof Right Side.I have to say sorry him about I wasn't able to send this pictures. Also laughing a lot. ;)





Beauty And The Beast 6c




皆で爆笑。




後はガバガバ。



その後、ヌンチャクをお借りして夫は7a+のRiesenbabyをトライ。スタートでもじもじしていたら、このルートをトライ中の美人なアジア系女性が手順を教えてくれた。テンションをかけながらなんとかトップアウトしてた。ここのルーフは相当などっ被りなので、打ち込んでいるクライマーを見ているだけで痺れる。
トライはその場に居る皆で応援して、RPで拍手して。








Railay Tonsai 2015-2016 #5


day5   new year's eve



プラナンビーチ



グロッキー状態の夫とプラナンビーチへ早朝から向かった。貸し切りのビーチで簡単なライン(5~6b)をリードで行ったりマスターで登ったり。ここの優しい岩は砂が乗っているので滑りそうで大変怖い。夫はほとんど食べていないへろんへろんの体で6c+だと思われるラインをトライ。3便出すもRPならず。

登っているとだんだんクライマーが増えてきて、(たぶん)フランス人のおじさんからめちゃくちゃな日本語で話しかけられたり、ガイドクライマーのタイ人から緑茶を入れていたペットボトルを見てガソリンでも入ってるのかと茶化され、まさかこれはパクチージュースだと言い返したり、青森から来ているご夫婦と色々お話したり。そんなこんなで撤収するときにはホテルの朝食バイキングの時間を大幅に過ぎていたので、ホテルまでの道中にあるアーケイド通りのカフェでハンバーガーとスモークサンドイッチ、それぞれシェイクを注文。今日も風が強く、吹きさらしのカフェに風が舞い込む。私が満足できず、アメリカンパンケーキのバナナを追加注文。これがまたバターが効いて美味しかった。全部で400THBくらい。パンケーキを少しちぎって猫用にお持ち帰り。























猫と遊んだりしながらホテルへ帰ってお昼寝。もしも再訪することがあればトンサイに泊まりたいなと思うけれども、クーラーの効いた部屋で昼寝ができるライレイも捨てがたいとか考えを巡らせながら。

夕方、one two threeへ。もうスクールクライミングは撤収していて、なぜか日本人クライマーが集合していた。
夫のお気に入りRamazon 6a 二人でリピート。
その右横のKratoy(Lady Boy)6cを夫がMOS。夫がヌンチャクを一本回収忘れしてしまったのもあって、私もTRトライ。大きな穴ルーフから鍾乳石をアンダーに持ち替えてぬけ出すところまでかなりトリッキーだけれどもなんとか行けた。そのあとはゴジラの背中のような岩をまたがりながら上昇するんだけれども、テンション。なにこの岩〜おもしろ!関東から来ていた方が123で一番面白いルートだと思うと言ってた。
最後に5くらいの短いやつをリードして終了。西側の空で夕焼けが始まっていて、撤収を終えた頃には辺りが暗くなっていた。青森のご夫婦とホテル情報なんかを話しながら「良いお年を」と言って別れた。




夕刻の123



私たちは胃が疲れているので夕食にカオマンガイ(蒸鶏)を食べようと、カオマンガイ探しをしながらホテルへ向かった。いくつかのレストランで尋ねたがどこもカオマンガイは出していなかった。朝食を摂ったカフェでヌードルスープとフライドライス、何かのジュースを注文。




ヌードル




ホテルに戻って仮眠して、ファイヤーショーが目玉の Last Barへ行き、最前列でショーを楽しんだ。近すぎて火の粉かガソリンかが飛んで来る。
それからウエストライレイへ移動し、浜辺で年越し。日付が変わった瞬間、幾つもの花火がライレイとトンサイから上がる。ゆらゆらと夜空に飛んで行く蛍のようなコムローイをぼおっと眺めながらHappy New Year。










Last Bar



恐ろしくマズいカクテル









Railay Tonsai 2015-2016 #4


day3  PM



ランチの後トンサイルーフのクライマーを見ながら休憩。どんどん潮が満ちてきてビーチにはいられなくなった頃に別エリアへ移動した。
私は軽量日傘を失くす…。多分食堂に置き忘れたんだけれども盗られた様子。ゴーライトより軽くて折り畳めて安くてすずしいので長年使ってきた虎の子。しくしく。買い直せばいい話だけれどもこれからの日程を日傘なしてこなさないといけなかったのは辛かった。





チルアウトバンガローの横のシェイク屋さん


気を取り直して、岩場に行く前にどこかでシェイクを飲んでいこうとお店に入る。が、トンサイの食堂はシェイクはどこでも売られているわけではないらしく(メニューにシェイクはあるが果物がない)、お店の人に聞きまわりながら灼熱のコンクリート道を歩き回ってチルアウトバンガローの脇にシェイク屋さんを発見。
中学生くらいの女の子だろうか、この女の子の作る、ここのシェイクが今まで飲んできたシェイクの中で一番美味しかった!量が多いんだけれども、とにかく暑いので飲みきった。スイカとレモンのシェイク。50THBくらい。
飲んでいたテーブルの脇にスラックラインがあって、たまに誰かが日課といった風に少しだけスラックラインを渡っては去っていった。




休憩ののち、夫がcat wallに行こうと藪の中に入っていった。洞窟のような岩場に入ったけれども、ボルダリングをしているカップルがいただけで、結局蚊に刺されながら藪漕ぎしてストリートに脱出しただけでした。(そういえばあのサーシャが年始にcat wallに行っていたな)
クライマーでにぎわう近場のFIrewallへ移動して、空いているラインを登る。
White Hot Hernias 6b+、TRトライ。下部の鍾乳石クライミングが立体的で面白いが上部は難しくなりテンションかけました。
Up In Smoke 6a+、下部はパワー系。前に登っていた女性がトップアウト出来なかったので尻込みしていたが、リードで行けばよかったなと登った後に後悔。
名物課題のGroove Tube待ちの間に、夫のみBoobtube 6b。
Groove Tube 6a、人気課題の半円を描く岩壁を登るルート。せっかくなのでとMOS。海外のサイトで5.8とか5.9とかグレーディングされていたけれどもその通りだと思う。

Firewallには欧米人のガイドクライマーが居た。他のエリアではタイ人ばかりなのに。体験クライミングでも6b+とか登らせていた。テンションがかかっているときに寝ながら(汗)ビレイしていたドレッドヘアの彼が超イケメン。色々話したかったけれども英語力がないので少ししか会話できず…残念。
鳥取から来ている日本人グループの方とも会う。グループで楽しそうだな。




Groove Tube





夫が登りながら撮影。手の力が要らないGroove Tube。





3~4本登って撤収。水が足りなく節制していて喉がからからだったのでジュースとビールを買い、トンサイで休憩してから、20~30分歩いてライレイに戻った。

荷物を抱えたままローカルフードで炒め物とライス、ビール。この炒め物(herbalと書いてあったかな)が美味しいんだけれど激辛で、も二人でフードファイトしながら大量のご飯とともに完食。今日は暑くて、冷たいものをいっぱい飲んで、それからの夕食の激辛フードとごはん大がたたり、この日の夜中に私はトイレと仲良しになり、翌日は夫がベッドと仲良しになった。
























day4
夫が撃沈。私は割りと元気で一人でホテルの朝食バイキングへ行った。
今日はレストデイになり、ホテル内でタイマッサージ(ひとり250THB)を受け、プールサイドでチルアウトし、敷地内に居る猫と遊び、ホテルに篭った1日でした。夕飯はローカルフードでパッタイとサンドイッチをテイクアウェイ。Groove Tubeで順番待ちしていたロシアのカップルに店の前でばったり会う。













Railay Tonsai 2015-2016 #3


day3  Part1

5時に起床。クラビで買った美味しいマンゴーを食べてから、ヘッデンの明かりを頼りにトンサイに向けて出発した。この時間は空気がひんやりとしていて、Tシャツではちょっと寒いくらい。ウエストビーチまで抜けて、干潮の浜辺をゆっくり歩く。沖合には、たくさんの漁船の漁火が上品なイルミネーションのように遠くに浮かんでいて、それは幻想的な風景だった。暗闇のなかビーチを爆走していた変態ランナーもある意味幻想的だったけれども。

6時頃にダムズキッチンへ到着。まだまだ登るには暗いので、ミニマートで買っておいたノリ味クラッカーを食べながら夜明けを待つ。この海苔クラッカーにハマってしまい後日リピート買い。

明るくなってきたら、まずはフレークのラインが見事なThe Lion King6c+を夫がリピート、TRで私も遊ぶ。





Lion King いいフレーク〜!

登ってる風に見えて全然登れないライオンキング…
ちょい被りなので落ちるとハイジ状態のブランコになります


次にGood Medicine 6cを夫がMOS、25mと長く、終了点からの景色がいいし、悪いのは下部だけだとのことで、核心はA0で私も行ってみた。123やダムズキッチンの海沿いのエリアは下部がえぐれて被りスタートになるラインが多い。去年はショルダーとかしてもらったけれども今年は自分で抜けれた。ちょっとは成長したのかな。このラインは上部は岩質が変わってサンゴのようにガビガビなところがあったので、長ズボン履いててよかったと思った。
ここで私のシグマが発熱を起こしうんともすんとも動かなくなり超絶おちこむ。(ホテルに帰って充電しなおして再起動したら無事に動いた。ほ。)

クライマーもぼちぼち岩場に集合しだした頃、右奥のThe Sit Spins 6b+にトライ。夫がMOSしたあとTRトライ。長いトラバースにフレーク、面白い!
夫がここで日本から持ってきた蚊取り線香ホルダーを残置してしまう。夕方頃に回収しに行ったけれども盗まれていた。ちぇっ。




Good Medicine ゼブラ柄の岩壁


終了点からの景色 


干いてますね〜


sitspins終了点からトンサイビーチを見たところ


どんどん混んでくる岩場


一旦クライミングは休憩してトンサイを散歩してみる。むちゃくちゃ暑く日陰しか歩きたくない…。
トンサイはライレイとは全く違う町並みだった。クライマーかヒッピーしかいない模様。ふらふらしている人たちとか、謎のマッシュルームシェイクの看板とか…笑。でもライレイよりトンサイのほうが雰囲気が落ち着いているので私は好きだ。

途中ソロできている日本人男性に会う。ソロクライマーは意外と多いのか、ウォールペイントのストリートに掲示板があってそこにソロクライマー情報とかが書いてあったりした。

トンサイビーチまで戻って昼食。シェイクを売っているお店の食堂でパイナップルライスとオイスターソースの野菜炒めを注文。両方ともものすごく美味しい!黒胡椒がごりごり入った野菜炒めを食べていたら、夫がビールを我慢できなくなり注文。この食堂ではアルコールは売っていなかったので隣のミニマートで買って持ち込んだ。ビーチにタイフードにビールに…最高に幸せ!この食堂はハエがめっちゃ飛んでるけれども。




チルアウトバンガローのレセプション、ヒッピー村みたいで可愛い

謎のシェイク…


灼熱のトンサイ。日傘はマストアイテム。


パイナップルごりごりのフライドライス