三連休 鉾岳 紅葉 大長征ルート

7-8年前かな、何ともない静かな季節に初めてここへハイキングで登って、頂きから鹿川集落を長い間見下ろして、帰りにヤマボウシの実を初めて食べた、忘れられない旅をした。

山を登るという楽しさに憑りつかれていたその頃の私と、今の私は、同じ山に居て同じ頂上を目指しても、何も交わるところの無いように思う。
もうあの頃のように、山の中に居て、気持ちが溢れたり、心の中で花が咲いたり、しんとした時の中に佇んだり、できなくなってしまった。

それでもやっぱりこの頂に立つと、いつだって変わりなく広がる景色に心は踊るし、こうして思い返すとまた何度でもあの場所に行きたいと思う。
鉾岳自体がとても好きなのだろうな。下山中に左膝のばくだんが暴発したけれども。

山頂に居合わせたカップルの方に撮っていただきました




DAY2

6:00 日之影出発
8:00 登山口出発
8:45 取り付き着
10:20 トラバースあたり
12:35 雌鉾岳全員着
14:05 取り付きへ下山
15:00頃 駐車場へ下山

計12ピッチの長い長いルート。夫がオールリード。初めて訪れたときは迷って渋いルートを登ったこともあり、5時間半の長い登山だった。今回は3度目の大長征、鉾岳初登山のトラッド女史Yちゃんと3人でマイペースに登って4時間。
アプローチも登攀もとても短く感じた。(アプローチは置いといて)もっともっと登っていたかった。
それなりにいいペースだったと思うけれども某レジェンドチームがトラバース後にぶち抜いてイカレマシタ。いろいろとスゴイです。
恐怖のトラバースを終え、9ピッチ目のスラブはなかなかシビアで、まるで太極拳でもしているかのようなスロウモーションクライミングだった。岩に張り付いてじわりじわりと動きながら、一体何のスポーツをしているのだとひとりなんだか笑ってしまった。そのほかのスラブは忍び寄る「足が滑る」という恐怖から逃げるように、ただただリズムよく乗り切るのみ。足の運びが止まってしまったらそこで急に次の一歩が出なくなる不思議。たま~に出てくる顕著なホールドは、ゲームの中の無敵アイテムさながら、テンションが上がってついつい握り込んでしまう。
最終ピッチはロープの流れが悪いけれども、ご褒美のように楽しく登って、雌鉾岳の上に立つ。
2度懸垂をして、下降路に降り立ち、ここからはスラブの登攀とは正反対の、フィックスロープを伝って崖を降りる腕パンプコースへ。とりつきへ戻ってきたころ、私の左膝が大変なことになっちゃってご迷惑をおかけしました。










日之影温泉にゆっくりつかり、疲れをいやして、キャンプ場へ戻る。飢えていた私たちは売店に陳列していた鳥もも肉とお団子を穴が開くほど眺めた。
ビールを飲みながら鍋の準備をして、Yちゃんのダッチオーブンでぎゅうぎゅう焼きを食べ、ボルダラーお二人と合流して、昨日はしなかった焚火で締める。
小川山で培った焚火力であっという間に薪に火が付き、燃え切ってしまうので、ヘッデンつけて追い薪を探した。乾いている薪と乾ききれてないソレの煙の出方の違いには改めて思い知らされた、ゲホゲホ。(ちなみに日之影キャンプ村には薪一束100円で売っていましたYO)



三連休 13,12クライマーズと岩野山




DAY1




岩野山

夫が珍しく三連休が取れたので、Yちゃんを引き連れて九州で遊ぶことに。
初日は、(お二人とも物足りないだろうけれども )マックスグレードが5.11aという熊本は植木にある岩野山というゲレンデへ。
なかなか訪れる機会がなかったし、次行くことはあるのだろうかという、縁薄い場所なので、とにかく本数出して全員で登り倒した。いいシーズンなのに、このところの週末は雨続きだったので、久々の岩を触っているだけで胸いっぱい!

岩質は安山岩?かな。野岳とかよりつるつるな感触。

ノーマルルート(5.7)、ルッキングアップ(5.10b)、夏の思いで(5.11a)、モンローウォーク・クラック(5.11a)、スーパーフライト(5.10c)、カンテの左 (5.8)、ドミノライン(5.10a~b)、ホタルガの舞い (5.10c)、ぺったんこスラブ (5.10c)、計9本を8:30ごろから13:30ごろまで登った。
前傾ルートはTRと書いてあるのにリードで登った。「抜けから終了点までピン無いやん」とか言ってごめんなさい。
ぺったんこスラブの限定ムーブ、ホタルガの舞いの下部のムーブが面白かった。
 マルチの練習になりそうなゲレンデでした。夏は暑そう!この時期も藪蚊が飛んでいました。





夏の思い出

モンローウォーククラック パワフルです

下山して、コンビニで明日の行動食を補給し、下道でとことこ日之影キャンプ村を目指す。
夫と運転を代わってからの山道は、笠原式英会話を流しながら乗り切る。
通行止めの巣窟、阿蘇も通れそうだったけれども、渋滞しているとかで、迂回しながら3時間程で到着。
広い敷地内は私たちの貸し切りで、思い思いの場所にテントとタープを立ててから、きれいなシャワー室で汗を流す。 夕ご飯は夫のマトンカレー。(と、保険のレトルトカレー)
ワインを飲みながら、仮想現実の話とか死後の話とか宇宙の話とかエネルギーの話なんかでトークバトル。ボトルを1本空けてしまう。3人でヒートアップしてしまった1日目の夜でした。
この日はなかなか暖かな夜で、焚火はせず。21時就寝。明日は4時半起きdeath。


つまみにポップコーン ブームがきそう!











GW小川山 #6 burning whiskeyな最終夜



DAY5-6

小川山5日目は東京のYさんたちと合流。BOSS THE MCの説法を聴きながら完徹で小川山入りしたという。


Yさんのクフ。黒!

元気が出そうなお土産を頂く。

クライミングの準備をし、マッターホルン登頂歴があるというTPさんKさんのお勧めの卒業試験10bをトライしに妹岩へ。私の脚は今にも膝から崩れ落ちそうな状態(実際崩れた)だったので、アプローチでは1度完全に死ぬ。

卒業試験の前に、下の妹岩でクラック遊び。4人ともクラックは初とのことだったが、龍の子太郎もカサブランカもスイスイ登っていく。 約1名に至ってはニーバーを決めて命ポーズを取る余裕があるスキル。すごいなあ。
皆の登りでよいイメージを貰い、前回は引き上げてもらっただけになった龍の子太郎に私もトライしてみたら、TRながら登りきることに成功。人生で初めて岩と岩の間に手足を突っ込んでジャムれた瞬間である。とても短い距離だけれども、なんとなくジャムの感覚がほんの少しわかったような。泥試合しているような気分で苦手には変わりないけれども。


龍の子太郎 夫がTRをかけてきてくれた

龍の子太郎 レイバック部分 Yさん

自分の立ち合い@その日限りの相撲部
と、右はカサブランカ




龍の子太郎で満足できたので、私は今日も大盛況のカサブランカには触らず。2手に分かれて私と夫とYさんで卒業試験のエリアへ移動。道中のレギュラー・イレギュラーではたくさんのクライマーが集ってトライしていた。

卒業試験も人気ルートらしく、ちょうどトライしている方々がいたので次に登らせてもらう。地元の方なのか、上部を直登すれば5.11aくらいとかなんとかおっしゃっていた。
 私は4ピン目くらいからのマスターで行って半MOS。右に行ったり左に行ったりとムーブもホールドも大変面白く、とても良いフェイスのルートだなと思った。自分的三ツ星!5.10bよりカライ気がしたような。それにしてもこのルートもスーパーフリクションで踏める。地元に戻ってから登れないのではないかと心配になるほどに。
夫とTPさんは直登していたけれども5.10cくらいかなとの話。


入学してないけど卒業試験を受けてみる

左が卒業試験 右がセンター試験

センター試験(勝手にカンテ限定にして登ってみた)や、もっと上の岩質がボロボロの上部エリアでojos asi eyes like yors 5.11bをTRでお触り。終了点が立木のスリングで無茶苦茶怖い。面白そうなルートがたくさんありそうだけれども、ここのエリアはあまり登られていないご様子。

*
小川山最終日の夜はYさんたちのおかげで豪華で賑やかな一晩だった。初めて会ったとは思えないほどTPさんKさんブッシュマンとは仲良くさせてもらい、セッティングしてくださったYさんに感謝。
そんな宵の締めはブッシュマンの虎の子ウイスキーを皆で代わる代わる焚火で燃やすという。

翌日夫はハード二日酔いで、最終日だというのにクライミングせずに帰ることに。フェニックスの大岩に行こうと約束してたのに!Yさんからあまり怒らんであげりと諭される私。

ガマルートに行くYさんパーティーと再会を誓い、テントを撤収し、0時を跨いだけれどもそのまま帰福した。京都から福岡までノンストップで贖罪運転してくれた夫よありがとう。

翌々日は運転の疲れは運転で癒す@柔道着。往復8時間かけて本匠へ行き、満身創痍の体に鞭打ってショートフリー。石灰岩もとい、本匠は私たちにとってとても落ち着く場所。


粋なブッシュクラフト

TPさんが仕入れてくださった熊の肉 BBQにした
濃厚な味のお肉でした

男手が増えたので燃やしきれないほどの薪が集まった
焚き火を囲んでゲスな話サイファー

夫のお詫びの黒ゴマソースカツ丼@駒ヶ根なごみ
ここまでの運転私だけどね…

GW小川山 #5 夫婦でおかわりマルチ



DAY4

屋根岩二峰セレクション(5.9 6P)

自宅の関西方面から無事に戻ったA木くんと今日から合流のYちゃんのゆかいな仲間たちはショートということで、私たちは小川山の有名マルチピッチのセレクションへ出かける。
そもそも今日は妙義山の登山と観光の予定だったけれども、昨日のマルチがとても楽しかったのでおかわりマルチとなった。こんな急な変更に対応できるのはリードしてくれる夫のおかげ。

なにやら有名なルートなのでいつでも混んでいるとの前情報で、早朝から出発。したのは良いものの、山道は一度峠を越え、岩場への取り付き分岐を探し彷徨い、また登るというアプローチで疲労困憊の私は意識が遠のく…。夫も流石にきつそうであったが。
かつて私にも何時間でも歩ける、どこへでも行けるなんて思ってた頃があったのだ。今や手のひらで潰しそこねた蚊みたいにふ〜らふらと歩いている。
過去の縦走を走馬灯のように思い出しながら、夫に弱音を吐いているうちに岩場へついた。

すでに先行パーティーが2組、いずれも3人組のシングルロープで順番待ち。岩場に着くと私も気持ちが高ぶって、昨日の流星巡りの岩場とは対象的なスッキリとした大岩壁を見上げて思わず笑顔が出る。

渋滞して終了点やテラスで大休止したり、ロープが大岩に引っかかってしまいノービレイで恐怖のトラバースをしたり、その他クライミング以外のことでのトラブル?はあったものの、1P目の中盤のスラブ以外はわりと快適に頂上へ。先日の流星めぐりと同じくピッチが短いものばかりであっという間に登攀が終わってしまった。スラブからチムニー、クラック、フレークと様々な要素がルートにたくさんあり楽しかった。最後のクラックは渋滞していたし、私がクラックが苦手なこともあり右へ巻いた。

岩場を抜けた先には別天地の岩峰ロケーションが目の前に広がっていた。何人ものクライマーがいくつもの岩壁に小さな点となって張り付いているのだからおったまげる。
キャンプ場から見上げていた遠い山々の天辺にあった白い岩峰にいままさに立っている不思議を噛みしめた。
周りを見渡せばいずれのパーティーもシングルロープで取り付いている。ダブルは私達だけ?これだけ短いマルチなら、降りてショートに転身ができる贅沢な環境なのでシングルが主流なのもうなずけると思った。

他の2パーティーは懸垂下降して下山するようだったが、私たちは歩いて下山した。
これがなかなかに悪い岩場の歩きで、懸垂して降りたかったと私はふてくされる…。
しかし1ピッチ目に降りてきた頃、まだ1パーティー目の方も降りてこれず、下から登ってきているパーティーとの離合渋滞になっていたので、急がば回れ、セレクションは歩いて降りるのが正解なのかもと思った。



1ピッチ目の取り付き。
白ヘルのお兄さんにセレクションのこと色々丁寧に教えていただきました。



頂上からみえる岩峰郡
クライマーを探せ


回収したガチャ類が非常に重い



何岩でしょうか



キャンプ場までの遊歩道は行きとは違う順路で帰る。こちらは起伏がないので次回来ることがあれば時計回りから入ろう。
ボルダーの方たちを遠巻きに応援しながら、また、昨日閑古鳥が泣いていた小さな岩に色とりどりのマットが敷かれ何人ものボルダラーがその岩を囲んでいたことに驚きながら、昼にベースキャンプへ戻ってきた。もちろん薪を集めながらね。

川上村へ出て、レストラン141で千キロカロリーオーバーの肉定食を食べ、コインランドリーと買い物とお風呂を時間の無駄無くこなし、廻り目平へ戻る。
キャンプ場に戻ってくるたびに車もテントもどんどん増えてゆく 。おまつり会場みたいだな。
Yちゃんパーティーと早めに焚き火をして、夜ご飯は二人でアヒージョ。家で採ってきたローズマリーが大活躍なのだ。





GW小川山 #4 小川山レイバック

DAY3-2

せっかくなので小川山レイバックを見てみたい、と思った私の希望から、ゴジラ岩から下山後すぐに小川山レイバックへ向かった。
落ち葉で踏み跡が消されている森の中を夫はぐんぐん進んでいく。私もYちゃんも足が本当にくたくたで、腕で歩きたいねと言い合うくらい疲れていた。
これまた雑な概念図だけを頼りに森の中を進み、結局迷い、かなり遠回りしながらも夕刻に岩場へ到着した。

そこには人工物かと疑うような綺麗に岩肌が切れ落ちているクラックの岩壁があり、その荘厳さに息を呑んだ。GWの中日、静かな小川山の森のなかでこの岩を前にして、なんでこんなかっこいい岩を登ろうと思うんやかクライマーの馬鹿たれと不思議に思いながらも、私も触れてみたくて胸がドキドキしていた。






夫がカムをセットしながら危なげなく登り、TRをセットしてくれた。
ジャムれない日本代表の私はTRでほぼレイバックオンリーで登り、YちゃんはTRのバックアップ付きでカムをセットしながら地道にハンド&フットジャムだけで登った。硬派かよ。

場内のお風呂に間に合いそうだったので、登り終えたらササッと片付けて下山する。もちろん薪を集めながら…苦行。

夜は前日にナナーズで仕入れていたとりじん(味付きの鶏肉)を野菜と炒めて食べた。
三人で焚き火を囲み、締めに蛍の光を歌い、マルチにクラックに1日を満喫した私たちはジャンピング寝袋インをきめる。
世間は平日。テントもまばら、まだまだ静かな小川山の夜。


イルカみたいな巨石だなあ









GW小川山 #3 完全燃焼の1日

DAY3-1

A木君が一旦帰宅したため、Yちゃんと3人でマルチへ出かけた。
小川山のマルチといえば小川山セレクションとかガマルートなんてものが有名で人気らしいが、夫がチョイスしたのはゴジラ岩の流星めぐり9P5.10cというコース。
この「流星めぐり」がとても渋い選択だったということに後ほど気づくのだけれども、結果とても思い出深いマルチになった。


全員初めてのゴジラ岩なので、↑の概念図だけを頼りに、行き過ぎてるかもとか、まだつかないのとか、あーだこーだ言いながらアプローチを歩く。GWの中休みにゴジラ岩なんて行く人なんて皆無なので誰にも会わないので尋ねることもできないし。
実際は枯沢だったけれど堰堤もあるシオサブ沢と交流するまで他に支流はなく、1P目は林道沿いにあったので、結果、迷わずマルチを開始できた。林道の歩行時間はキャンプ場から40~50分ほどだったかな。

夫がオールリード、ダブルロープで、Yちゃんがセカンド、私がサードで回収係として登る。
蓋を開ければ、流星めぐりのピッチはいずれもとても短く(私達の基準は宮崎の比叡や鉾だからか)、ボルトの間隔が狭いので、ショートを登っている感覚だった。先日の小川山ストーリーのほうがよっぽどマルチぽかった。そして、一本登っては、次のピッチを歩いて探さなければならないというマルチらしからぬものだった。
だ~れも居ない森の中、子供の遊びのように、次のとりつきを探してうろうろ迷って、歩いて、また短いピッチを登って。リードをしてくれる夫の代わりに、私とYちゃんが探索犬になって道を探す。踏み跡は割と残っていた。

後半、ロープがフレークに挟まってしまったので、一旦ロープを解いておそるおそるノープロテクションのままトラバースした。私は心底ビビっていたけれども、Yちゃんは何事もないかのように登って行った。男前かよ。

最後のピッチのとりつきでまた迷ってしまったけれども、なんとかゴジラ岩の頂上へ出たときは、対岸の朝日岳を望む牧歌的な風景に心打たれてじんときた。雪がちらほら残る山々のつめたい風が流れ過ぎてゆく。
隣に見える岩峰はミニラ岩とかなんとか。
ちなみに最終ピッチあたりで無茶苦茶厳しそうなショートのラインが引かれていた。きっとここまで歩くのに登山道で1時間ばかりかかるだろうか。一体どんな奇人が登るのだろうかと話す。

頂上から登山道に出る道がわからず、道が走っていた方向へ踏み跡皆無のしゃくなげのハードな藪を漕いだ。下山はあっという間で、いつの間にかシオサブ沢の堰堤に出た。



一旦ロープを解いたピッチ

景色の良い場所で休憩




YちゃんのGoproで





GW 小川山#2 雨の妹岩とマラ岩

DAY2

昼より荒天の予報だったので早起きして8時にクライミングへ出かけた。
朝は冷え込まなかったのでもっと早く出ても良かったのかもしれない。
妹岩までの急登をよろよろになりながら登る。夫は相変わらずリードを外された犬のように山の中をぐんぐん進み、あっという間に視界から居なくなる。後日話して笑ったんだけど、この日は四人ともそれぞれ二日酔いでアプローチで死にかけてたらしい。私もふらふらしながら歩いた。

妹岩
有名なカサブランカ5.10aNPを目当てにしてたけれども2パーティーの順番待ち…。
Yちゃんたちはマラ岩に移動して、夫はジャックと豆の木を登って時間つぶし。
夫のジャックは一本目から渾身の登りで、ビレイをしながら私もかなり緊張した。その後、カサブランカの隣の龍の子太郎5.9NPが空いたのでTRで遊ぶ。一向にジャムれない私は引き上げてもらっただけになる。初クラックのA木くんはノーテーピングで登ってみたいと素手でとりつき、スラスラ登っていった。
カサブランカにトライしていた2パーティー目の女性がRPされた頃には雨がそれなりに降ってきたので、マラ岩にTRがかかっているレギュラーイレギュラー5.10cを触らせてもらって私たちは撤収。このルートも有名ルートらしいけれども、抜けのスラブまでカチカチな感じがひたすら続く感じで、うーん。岩が荒いので、しょうもない極小ホールドが持てる乗れる。雨降ってるのに。ありえないフリクションだったな。

またまた薪を拾いながら下山して、これから雨がさらに降るというのにボルダーへ出掛けていった奇特なYちゃんA木くんと別れて、私たちは甲府へドライブ。
小川山に入る前に仕入れたダイヤモンド酒造のザ甲州がとても美味しかったので買い足したり、ワイナリーへ行ったり、ソフトクリーム食べたり、銭湯へ行ったり、ナナーズで買い出しをしたり。長野に来たらおやきを毎日お昼に食べよう計画を立てていたのに、ナナーズには売っていない。なんでや。
夕ご飯はYちゃんテント内で鍋と即席アヒージョ。家で摘んできたローズマリーがキャンプで大活躍。もっと持ってくればよかった。A木君は転入の手続き関係が色々あるとのことで一旦帰宅。
薪は雨で濡れてしまったので今夜は焚き火は無し。


龍の子太郎とカサブランカ

缶つまレストランと牡蠣缶 このあとアヒジョる

GW小川山 #1 カメラを背負って小川山物語

DAY0

早朝出発、一日中ドライビング。水曜どうでしょうとクレイジージャーニーのDVDをしこたまプレイ。ジャーニーはやっぱり高井研さんの回が神。本匠行くときに何度も見てるのでに飽きない。恐ろしい!
甲府で降りて、遊亀銭湯(普通の銭湯かと思いきや温泉)、定食屋(名前失念)、酒屋で甲州ワインを買って、道の駅南きよさとでテント泊。



DAY1

7時頃に廻り目平キャンプ場着。
福岡から独りで運転してきたYちゃん(クレイジー!)、滋賀で就職が決まり引越してしまったA木くんと合流。
兄岩と父岩でショート。
九州ではアプローチほぼゼロの岩場に通っていたので、いつもの荷物(プラス)カムというなかなかの荷物を担いでのハイクアップがカラダに効いてくる。

兄岩
Sunday5.9NP
夫がトップロープを掛けてきてくれたのでトライ。クラックアレルギーとしては初っ端からテンションが下がり気味の一本かと思いきや、ほぼレイバックだったのでものすごく楽しくトップアウト。
13クライマーズの二人は反射炉はデイドリーム5.11bにトライしてたけれども、相当悪そうでした。登り終えた4段クライマーのA木くん曰くそれでも体感11bくらいとおっしゃる。ほんまかいな。

父岩
小川山物語5.9★★★超人気ルートとのこと。
順番待ち必至のルートらしいが、まだまだ空いてる小川山、貸し切りで登ることが出来た。そんなに人気ならばとせっかくなのでマスタートライ。
終了点からの景色が最高なのでカメラを持っていったら?と夫のアドバイスでカメラを背負って行くが、マルチのリードをしているかのようなぶっ飛んだピン感に心がバキバキ折れてゆく。カメラなんて背負って気楽に取り付くルートではない。私の馬鹿。ああ、次ヌンチャクを掛けたらテンションって言おうと、震えながら登り、ここまできたのにもったいないと、根性出してなんとかMOS。マルチのリードだけは一生縁がないと思っていたのに、ショートでその気分を体験するとは。小川山でもうリードはしないとめそめそしてしまう。
たしかに終了点からの景色は最高だったけれども、細かいホールドを拾っていくだけのなんとも特徴のないルートで、私には隣の小川山ストリート5.9の方がよっぽど面白く感じた。

タジヤンⅡ5.10a
夫がトライし、とても面白いからと勧められトップロープでトライ。
下部スラブは乗り込めそうもなかったので早々に巻いて、一旦バンドに出る。それからのラインがとてもユニークで、自然の岩でこういうことがあるものなんだなあと終了点までニヤニヤしながら登る。

小川山の花崗岩はフリクションが良すぎてびっくりする。粒子が荒いのかな。比叡の花崗岩とはまた違った印象。

夜の焚き火に備えて薪を拾いながら下山して、ボルダーに出掛けた二人と別れ、ヘルスパークかわかみでお風呂、ナナーズで買い出し。夜はYちゃんテント内で鍋。後発のKちゃん家のポン酢がとても美味しかった。ごちそうさまです。
焚き火をしながら四人でお酒を飲む。覚悟はしてたが廻り目平の夜はうんと冷え込む。甲府の酒屋で買ったダイヤモンド酒造のザ甲州がとても美味しい。白です。マストバイ。この日は移動の疲れもあってか全員飲みすぎてしまう。

この遠征のためにコットンタープを新調

小川山物語からの景色は最高 涙目になりながら撮影

小川山ストリート Yちゃん

小川山物語 A木君

タジヤン

渡渉核心